スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 

強ボスと新たな伝説と素足。2

前回注意したはずだから突然はじめちゃいます。




 一体ここを訪れたのはこれで何回目だろうか。
 そう思わさせるこの薄暗い古ぼけ、廃墟となた城は、薄い霧覆われていた。
 
 どこぞやの冒険者を拒むかの如く、薄く伸ばされた霧はこの城に住むう魔物達には心地よい感覚にさせる。
それとは逆に俺達には不快感しか残らないだろう。闘いを前に緊張が走る中、道中に魔物達や、薄い霧に邪魔され、迷走する。

 俺然り、他人然り、冒険者然り。
 誰もが一つは当てはまるだろう言葉を心で嘆き叫ぶも、その足取りは場数が多い分、楽に見える。見えると言うより楽だ。
 それに比べ、となりを併走する魚な彼の足は若干、震えているようにも見えた。
 彼自身強ボスが初めてということもあっての行動だろうと俺は悟る。

 しかし、道中の会話は弾んだものだ。
 やはりこういうときは楽しく会話するものが一番だ。少しは固いものが和らぐだろう。

 そうこうしているうちに遠足気分の気持ちも、場所が変われば、引き締まる。
 俺達パーティーより前を行くパーティー達が、強ボスへの闘いを向けての、テンションの高まりようは圧巻だ。
 「おっしゃぁああ」、「ひゃっほぉおおい」と叫ぶものも居れば、「……」と静かに瞑想するものも…。

 多種多様の行動の中俺達は、早速作戦会議に移っていた。
 
「おし、んじゃぁ未経験者は手を挙げて」
「はい」
「パラは初めてです」

 手を挙げたのは2人だ。だが今日挑む強ボスはさほど難しくない。強いて言えば、僧侶が苦労するぐらいだ。
 だが俺達にはアスカさんがいる。これは心配ない。
 そう計画を立てた俺は、早速その乾く口を開く。

「そうかぁ。パラから説明しようか」

 何故か自分でも分からないがいつの間にかこのパーティーを仕切っていた。
 そういうキャラでも人柄でもないのに、なぜだ。
 そう疑問に思った俺だが、不安積もる中説明を終え、俺達は池の中へと飛び込もうとする。

「んじゃぁいってk」
「まだじゃない?」
「そうか。んじゃぁ待とう」

 止められた。
 どうやらまだ始まりではなかったらしい。
 顔色一つ変えないで対処した俺を褒めて欲しい。普段なら何かとんでもない反応を見せていただろう。それだけ緊張していたってことだ。
 だがついにその扉もこじ開けられた。

「ではみなさん!準備はいいですか!?もういっちゃってください!」

大魔王がその小さな体から出るとは思えない声量で、声をこの広場いっぱいに広げた。


その瞬間だ。

「「「「「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」」」」」

 雪山が崩れる雪崩の如く、プレイヤーが次々へと池へとダイブしていく。
 俺が仮命名した”第四班”も遅れを取っ手は居られない。

 どこよりも早くオーブを出す。それが俺達の目標だ。
 そして…。闘いの幕は切って落とされた。

 
 


「…!」

 パラディンのヘヴィーチャージの押しをものともしない蜘蛛に俺達魔法使いの、魔法がからくりしょうぐんを巻き込み、展開される。
 奴らに突き刺さる氷りは、一瞬で消えるも、傷は残し、相手に与えた痛みを蓄積させる。

 俺と魚な彼の魔法が乱撃され、俺達が押しているかに見えた。

 だが奴も必死の抵抗を見せた。
 雄叫びとともに、怒り震え、奴は背中を水面へと掲げる。
 

「キシャアアア!!」

 ボッボと花火に火がつくように短い爆発音の後に飛び出たそれは真っ先に俺達の頭上へと降り注がれる。

「っく」

 それは棘だ。鋭く尖った棘を受け、俺達の表情に苦渋の表情が見えた。
 だが耐える。HPギリギリに耐える。

 まだあきらめないぞ。そう告げる満身創痍の俺達の姿。
 だがそんな空気をぶち壊す奴はさらに追い打ちを掛けた。

 奴はアスカさんに噛みついたのだ。
 いや。


 噛み砕いた。
 彼女のダメージを受けた微量のHPを尽く削ったのだ。

「アスカさぁあああああああん!!!」

 時が止まったかのように静かに彼女は倒れて逝く。
 俺達の叫び声も届かぬ彼女は崩れた。
 我々の城壁が崩れ去ったのだ。

 どうする。一気に頭がヒートアップし、思考が回らない。
 もう手はないのか…。
 俺は必死に両手を前に翳し、メラミをうつがこのままでは奴の命を削りきる前に俺達が帰らぬ人になってしまう。
 どうする。再度この言葉を嘆いた時だ。
 
 シュピーン!と倒れたアスカさんを優しく包む光が、彼女を徐々に起こしていくではないか。

 き、奇跡だ!

 なんと彼女は起きあがった。どういう理屈かはわからない、誰かが”世界樹の葉”を使ったのかも知れない。だけど復活したのは確かだ。

 俺は慢心する心を捨てた。
 場数がなんだ。勝たなければ、場数がどうも糞もないだろう。人を助けて。周りを引っ張ってこその場数の経験だろうが。
 自分を責め、俺は全力を尽くした。今まで消費が云々で使っていなかったメラゾーマも解禁した。
 もう油断したりはしない。奴は的(敵)だ。倒すべき敵。


「うぉらあああああ!!!!」

 喉がはち切れんばかりの叫び声を乗っけたメラミはまっすぐ蜘蛛に飛んでいき…。


「キャァアアアアア……!」

 奴を貫いた。断末魔がこの空間いっぱいに広がり奴は砕け散った。
 俺達が狩ったのだ。この闘いに勝った。

 だが喜びに浸る間もなく。









 ”オーブ”も落ちてきた。

 一発だ。
 見事一回でオーブを出した。

 俺達は叫んだ。今度こそ喜びに浸った。水面に雄叫びを上げた第四班の闘い。
 短かったようで長かった濃密したこの闘いを忘れないだろう。
 その他の参加者に報告をあげ、俺達第四班の活動は終わった。さらばだ、第四班。



……そして。



よろしく、ブロガー班。





305.jpg


なんか知らないけど続いた。続いてしまった。(そして短かったことに謝罪。いやだって二時間で終わりまで書くの無理d(ごはっ


おしなんか記事挟もう。じゃないとこれを見ない読者サマに失礼だ。
ってなわけで一応この話は続きますが、その前に一個記事挟みますからねーw

ではなんか謝罪します。なんか謝らないと申し訳ない気がする。だから今日中にもう一回あげる。まともな記事あげる。だから許して…。


このタイトルが続くこと!!!w


ではみなさん

拳一択 つ)3゜)


ドラゴンクエストX ブログランキングへ
banner.gif


スポンサーサイト
 

強ボスと新たなる伝説と素足。1

最初に注意

今回に記事は、私の思いつき、ひらめきにより、記事が小説仕様になっています。
画像が終盤にしか出てきません。


文の羅列が嫌いという人はバックリタァーン。

さぁでは

はっじっ、まるっよぉ!!





 あるガタガタと暴風が数々の家を激しく揺さぶる日の夕方。魔法拳士を実相されてないのにも関わらず言い張り名乗る俺こと、ろくどうは二階にポツンと間取り去れた部屋で椅子に揺られながら読書をしていた。

 その部屋印象を一言で表すなら、”整理されていない”だろう。
 引っ越してきたばかりの新しい家で整理もせず、何をしているだろうと言ってくる輩もいるが、俺はそんなことを気にしてなどいない。

 何をしようともまずお金が掛かってしまう。
 引っ越したばかりの俺には、お金などゴミのカスほどしか残っていない。

 そう、部屋の隅に堪る埃のような端金。

 お金お金お金。
 そんなものに取り付かれるぐらいならシンプルにまとめた方がマシだ。
 そう自分に言い聞かせ、この変哲もない部屋で黙々と記載された記事を読み上げていく。

 ふと右斜め後ろに鎮座するベットの方へと視線を流すと、桜をモチーフにされたランプが淡い光を放ち、部屋中をほのかに照らす。
その光景に思わず、口元を緩ませ二時間前の和気藹々とした一時間ちょっとの冒険をふつふつと思い出させる。

 あぁー。今日も一日が楽しかった。
 如何にも今日という日に終わりを告げる言葉を頭に思い浮かべる俺。

 だったのだが。


「ん?」

 ここで一つの記事に目を引かれてしまう。
 それは今日妖精の国で、一緒に冒険した”大魔王”ことだいちの記事だ。

「ふむふむ。強ボスねー」

 そう椅子に深々と寄りかかりながらも告げる言葉は、大魔王が主催するイベントの内容の数々だ。

「ほぉー。なるほどな。初心者のためのツアー。確かに蜘蛛当たりは手頃だな」

 少しの興味の元、記事をすらすらと読み流していく。
 見慣れた書き方や、説明にふむふむと1人で相槌をうちながらも記事を読んでいく。

 そのはずだった。

「んん?」

 ある一点に俺の視線は急停止(ブレーキ)を作動させる。
 その内容とは、この度大魔王のイベントに参加されるブロガー一覧というもの。
 なぜ、そんなとこに躓いたのか。
 答えは簡単だ。

「ごくどうさん。遅れに遅れた魔法拳士のボコボコ記…」

 記載されているネームが少々異なってはいるものの、俺自身管理しているブログ…。俺事ろくどうが管理するブログがしっかりと記載されているのだから。

「んんん?」

 何かの幻覚を見たのだろう。目の錯覚か。とゴシゴシと血色の悪い腕でエメラルドグリーンの瞳を目一杯擦り再度目を懲らす。
 だが書かれている記事は、文字共に本物だ。

「どういうこった…」



 何時参加すると言った?今日冒険したときにいったか?読書の前に昼寝を挟んだ俺の脳にはそんな言葉も記憶も残っていない。だが記載されていることは事実。



 つまり。

「逝くしかねぇか」

 文字の違いにもつっこまれないまま、俺は1人部屋の中で虚しく呟いた。





 時は経ち、身支度を済ませた俺は使い古された傷が残るアークワンドを背中に背負い、自宅を後にする。
 目的地は、この住宅地の1191番地。大魔王の家。

 久方振りに行く家に少し気分を踊らせ、足取りも軽く弾ませていた。

 歩くこと数分。さすが同じ住宅地だけあって着くのが早い。
 移動も楽だなと再度このオルフェア住宅地に引っ越してきたことに感謝しつつ、着いた先では黒色の獣と貸していた大魔王が家の前で仁王立ちだ。

 その体は大して大きくなく、むしろ小さい。
 今一に迫力にかけるが、その小ささからくる愛着は一生この種族が独占場だろう。
 そんなどうでもいいことを頭に過ぎらせつつ、片手をあげ、大魔王に俺は、気楽に挨拶を飛ばす。

「こんばんはー」
「こんばんはぁー」

 なんとも可愛らしい。胸を張って見上げるその立ち姿のかわいらしさが俺は憎いと告げたことは心の内だけだ。だが此奴にはトゲがあった。

「え?なんで此処にきたの?」
「ん?だってここが集合場所じゃないの?」
「え??wフラワーの1191の5番地だよ」

 うっ…。俺は苦しさから来る痛みに顔を歪める。
 此奴は俺のガラスのハートをいとも簡単に打ち砕いた。
 可愛らしさの裏に最大のとげを持っていた。グサリと俺のガラスのハートに突き刺さるそれは、大魔王のちょっとした優しさから簡単に抜けたものの、さすが大魔王と言えるだろう。傷跡が残っている。
 だが、実際はこう思っていた。大魔王は決して悪くない。



やべ、また俺ドジッた。


 ぽっかりと空いた穴の穴埋めをしないまま、隣のフラワー地区にさっきとはうって変わる足取りだ。覚束ない。影も若干薄くなった気がする。

 だが、フラフラと蛇行する足取りで着いた家の中で歓迎されるもその穴は埋まらない。
 これ以上の衝撃を与えないとこのぽっかりと空いた穴は簡単に埋まらない。
 そう告げた瞬間だ。
 俺の目前に姿を表す、影。
 

「こんばんはー」
「……。っ!アスカさんじゃないですか!?」

 簡単に埋まった。
 瞬時にその穴にコンクリートが流されてゆく。固まったそれは、俺の心のスペースを隙間無く埋める。
 そうこの家に忽然と現れた”さくらアスカ”さんとのまさかの出会いによって。

 まさかのフレンドとの遭遇しかもブロガーでのイベントで合ったことのないアスカさんにだ。
 顔に表れる驚愕な表情を隠すので精一杯ではあったが、長々と話すアスカさんとの会話に心満たされた。

 そしてイベントは進行する。
 まったりとした時間もコレで最後。ここからは死ぬか生きるかの分かれ道。
 真剣に人員を探す俺の顔は、周りからみれば強ばっているだろう。
 アスカさんとパーティーを組み、残り2人。

 アスカさんが僧侶だから…と考慮を重ねた俺は募集を大声で掛ける。

「僧侶以外、で後2人!いこうぜ!!」

 至って真剣だ。俺は真剣に声を張り上げる。これから一緒に闘い抜く”なまか”だ。


「おし!いこうぜ!!」
「魔法戦士いませんかぁ!?」
「覚醒魔!!@2」


 必死に声を掛ける俺を遮り、他の面しもメンバーを掛ける声が重なり、この場は引っ張り合いになっている。
 負けじと張り上げる声にようやくの光を見いだせたのはそれから数十秒のこと。
 手を挙げて近づいてくる俺と同種の姿を見付けた。

「いいですか?」
「もちろん!」

 サムズアップ。俺は一言で返した。職なんて聞いてない。それがどうした。
 集まってこそ意味があり、みんなでかんがえてこそ意味がある。
 そのほかに何があるというのだ。
 パーティーに入った”魚な彼”は武闘家だ。
 
 「武闘家か…。じゃぁ魔法戦士勧誘ってな感じか」
 「あ、魔法使いもできますよ」
 
 魚な彼の発言。
 おし決まった。方針は、壁を探そう。そうパーティー内で呟く。
 作戦は、”壁を屠ろう”静かに俺の中で作戦が変わる瞬間だった。
 

「誰かパラか、魔法戦士いませんかー!?いこうぜ!」

 大声で再度募集を掛ける。
 だが返事が一行に見えない。やばいどうする。あやふやになりかける頭を必死に押さえ、理性を保つ。
 俺は必死に周りを見渡した。

 そんなときだ。彼を見つけた。


 塀近くで踊っている気さくなパラディン坊やを発見した。なんとこの小ささでパラディンとは。世の中は広いものだ。そう悟るも、彼を誘い、パーティーに加入してもらおう事になる。



そして。


話は一気に急展開を迎える。







おしここで話を切る!!
なんか決行久しぶりに小説書いたけど、なんか記事のクセが混じってるきがしてまったく小説のように見えない俺です…。



こんなの小説じゃねぇ!くそだくそ!と思う人は、次回から見ないで…


なんかブログばっかり書いていたから書き方をすっかり忘れてしまったろくどうです。

てなことで今回は続きます!
次回で終わりを告げるこの話どうかみんな!

付き合って!w



では。拳一択。



ドラゴンクエストX ブログランキングへ
banner.gif



 

遅れに遅れた唯の魔法拳士ボコボコ記

Home 
Comic
Gallery
SiteMap

画像をクリックしても次ページは開きません。ページ移動は画面上下右のナビボタンで

小説

全1ページ

キーボードの  F11  を
クリックすると全画面で
表示されます。二回押すと元に戻ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。